追加証拠金はいかなる時でも発生しない


stgFX挑戦を考えている方は、この追証ゼロサービスについて詳しく知っておく必要があります。追証とは追加証拠金のこと。簡単にいえば、口座の追加証拠金が足りなくなってしまった時に、「追加で入金してください」とブローカーから要請される金額のことです。

例えば追加証拠金が際限なく請求されるとしたら、どうなるでしょうか。トレーダーは知らない間に多額の請求を受けることになりかねません。こういった事態を避けるために、XMでは追加証拠金なし、早めのロスカットで資産を守る、という仕組みを徹底しています。

とはいえ通常の追証ゼロサービスでは、ロスカットのタイミングが相場の変動に追いつけなかったり、システムの問題で遅れが生じてしまったりした場合に、やむを得ず口座がマイナスになってしまうこともあります。そのケースでは、当然トレーダーがマイナス分を負担するのが普通ですが、XMではこれも防止するシステムになっています。

OOKANE.com | お金をつくろう!お金にまつわる価値あるニュース

1度マイナスになってしまっても残高は0に戻る

まず、XMではロスカットのタイミングをはやめに行なわれるようにパーセンテージを決めています。マージンコールといって、まずは「追加で証拠金を入金しないとロスカットされるかもしれませんよ」という警告を、証拠金維持率が50%になった時点で発します。証拠金維持率とは、実際に取引を行っている金額に対する口座の証拠金残高がどれくらいの割合になっているか、というもの。計算式は、証拠金−含み損=証拠金残高、実際の証拠金残高÷本来必要な証拠金残高=証拠金維持率、となっています。
出典: トレール.com


そして、マージンコールを発してもトレーダーが入金を行なわず、これ以上は危険と判断して、強制的に損切りを行うのが「ロスカット」です。XMは先ほどの証拠金維持率が20%になった時点でロスカットを行ってしまうので、まず0%までいってしまうことはない、と考えられます。しかもXMでは口座のケアを24時間行っているので、一夜あけたらロスカットが間に合っていなかった、というような事態も起こりません。

しかし怖いのは週明けです。XMも平日は24時間営業ですが、週末は休みをとっているので、週末から週明けにかけて相場が激しく動いてしまった時にはXMでもロスカットが間に合わないこともあります。ところがXMでは、その場合でも残高は0に戻します。つまり、あくまでも追証ゼロが守られるわけです。最近よくブログ等のFX関連のサイトを読むと、XMはレバレッジトレードを安全に行うために最適なブローカーだということがよく書かれています。